追加緩和は見送りだが...(2015年10月30日)

ホームお知らせ一覧 | 追加緩和は見送りだが...(2015年10月30日)

こんにちは。

 

今日で実質的に10月も終わりです。

今年もあと2ヶ月。早いですね...。

 

さて、週末は早慶戦です(もちろん大学野球です)。

土曜日は同期のみんなと応援です。

始球式はひとつ上の伝説の投手である志村さんが行います

(毎日一緒に練習させていただき、お酒もよく一緒に飲みました(笑))。

慶応が早慶戦で連勝すれば、明治との優勝決定戦に臨むことになります。

監督はふたつ後輩の大久保監督(よくボールを受けてもらいました)。

アマチュア球界ではナンバーワンの監督だったので期待してます。

ぜひ優勝を勝ち取って欲しいですね!

 

さて、今日は何と言っても、日銀の金融政策決定会合でしたね。

予想通りの追加緩和見送りでしたが、

市場の下げは限定的で、むしろその後は上昇しましたね。

黒田総裁の記者会見は相変わらずの内容。

目新しさはないのですが、追加緩和の可能性を残したことを市場は好感したもようです。

物価についての言及が多いのですが、

物価は原油価格が上昇しないと実現できないと思います。

中央銀行は原油相場を動かすことができないので、本心では困ったと感じているはずです。

通貨安政策が誤りであることを、日銀やECBはよく理解し、

さらに米国がより明確な形でドル安政策を志向していることを示すことが必要でしょうね。

 

年末まで、まだまだ金融政策の方向性に関する市場の思惑に振り回されそうですが、

大局を見失わないように、冷静に見ていくようにしたいところです。

 

それでは良い週末を!