上値の重さを再確認...(2015年9月15日)

ホームお知らせ一覧 | 上値の重さを再確認...(2015年9月15日)

こんにちは。

 

今日は涼しいですね。

夏のような様相で出かけましたので、寒いくらいです。

すでに秋の天候になってきていますので、風邪を引かないようにしないといけませんね。

 

さて、今日の注目はやはり日銀金融政策決定会合でしたね。

政策内容の発表時間にまで注目が集まるほどでしたが、

市場の予想通り、政策は現状維持でした。

市場の一部には追加緩和期待もあったようで、

発表直後から株価は先物市場で売られ始め、為替も円高方向となりました。

日本株は引け間際でも売られており、やはり警戒感は強いですね。

 

明日からはFOMCが開催されます。

18日未明に政策内容が発表されますが、その内容に市場は関心を寄せています。

現段階で、その中身を予想して対処することは危険です。

いまは静かに市場動向を見ながら、しかるべきタイミングに動けるように、

しっかりと準備しておくことが必要ですね。

 

ただし、この日の市場の動きを見る限り、

為替はドル安、株価は下押し懸念が残っているように思われます。

この点には十分に注意が必要といえそうです。

 

それでは。