中国市場が休場でも...(2015年9月3日)

ホームお知らせ一覧 | 中国市場が休場でも...(2015年9月3日)

こんにちは。

 

今日は東京マーケットワイド(ストックボイスTV)に出演してきました。

前回の出演時には、原油市場が重要な局面にあるとお話しましたが、

今回はその答えを解説した格好です。

原油市場は8月31日から急伸し始めましたが、

この動きをどのように考えるかで、今後のマーケットに対する見方は大きく異なると思います。

株式市場も含めて、重要な局面にきているように感じます。

 

その株式市場ですが、日本株は上昇し、市場関係者からは楽観的な声が聞かれました。

市場では、二番底をつけたとの見方もあるようです。

しかし、中国市場が休場で、不透明要素がない中での上昇幅は小さいですね...。

まだ方向性がしっかりと見えないというのが実態ではないでしょうか。

今後のマーケットに関しては、東洋経済オンラインへの寄稿で解説しています。

ぜひそちらもご覧ください。

 

明日は金曜日ですね。

米雇用統計の発表やG20会合もあります。その翌週にはFOMCもあります。

気の抜けない日々が続きますので、十分な準備をしておきたいと思います。

 

それでは。