新着情報

ホームお知らせ一覧 | 新着情報

江守哲×伊藤智洋トークセッション 『どうする、どうなる2019年後半の日本株』開催のお知らせ(2019年6月29日(土))

6月29日(土)開催

江守哲×伊藤智洋トークセッション

『どうする、どうなる2019年後半の日本株』



※ご応募が定員数に達し次第、締切となりますのでご了承ください。

お申し込みは下記のページからお願いいたします。

https://t.livepocket.jp/e/vzvgv

<トークセッション概要>
2018年は、2012年に始まったアベノミクス相場以来、日経平均が初めて年間でマイナスを記録した。



上り調子だった相場にも「いよいよ翳りが?」という声も聞こえてくる。

はたして2019年後半の日本株はどう動くのだろうか?



これについては専門家の間でも意見が割れている。



強気派

「米中貿易摩擦の影響は追加関税の延期でピークアウト。中国内の需要が戻り日本株も上昇する」

「中国の景気は底堅い。中国の需要が戻ることで、中国の企業業績が復活。日本企業も売上高が増え、回復する」

「日本は輸出企業が多く、市場の7割が外国人投資家のため日本株は米国の金融政策や景気に大きく左右される。2018年の米国は積極的に利上げを進めたが、2019年は据え置き。このまま利上げがなければ世界的な株の上昇相場は続く」



弱気派

「日本経済はすでに景気後退に入っている。この流れは今後も継続される」

「日経平均株価は、米中貿易戦争激化と今年の消費増税により、上がりにくい相場になる」

「2014年4月に消費税が5%から8%に増税されたときは、百貨店やスーパーなどの大型小売店を筆頭に消費が冷え込んだ。その時と同じ状況になる」



ということで、迷える投資家に向け、ふたりの専門家を招き、2019年後半の相場展望についてトークセッションを行う。

<タイムテーブル>

6月29日(土)
12:30 開場

13:00~13:40 
伊藤氏トーク「私はこう考える」(40分)

13:40~14:20 
江守氏トーク「私はこう考える」(40分)

14:20~14:35 休憩(15分)

14:35~15:15 トークセッション(40分)

15:15~15:55 来場者からの質疑応答タイム(40分)

16:00~18:00 懇親会(2時間)

<場所>
まぐまぐ!本社 セミナールーム(「最寄駅 東急目黒線「不動前」駅」)



<料金>
懇親会付き=14,000円(税込

セミナーのみ=10,000円(税込

お申し込みは下記のページからお願いいたします。

https://t.livepocket.jp/e/vzvgv